桜台書道教室

sakuradai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 5 )

JA書道コンクール表彰式

11月19日(土)14時から、JA農業まつり会場で
夏休みの書道コンクールの表彰式が行われました。
今年は金賞1名、銀賞6名と、たぶん今までで一番入賞者数が
多かったと思います。
入賞こそのがしたものの、クラスの代表としてたくさんの生徒さんの
作品が展示されていました。
みなさん、おめでとうございます!

b0173416_1532199.jpg


12月は、月末に中学生の生徒さんの書初めのお稽古を行います。
こちらは各クラスで賞が決まるというもの。
がんばりましょうね!^^
[PR]
by sakuradaisyodou | 2016-11-23 15:05 | その他 | Comments(0)

新年のご挨拶&書初め展結果報告

b0173416_1030831.jpg


今年も楽しくお稽古しましょう!



≪追記≫

*中学生の書初め展ですが、今年も全員入賞しました!

金賞9名、銀賞6名、銅賞2名

おめでとうございました^^
[PR]
by sakuradaisyodou | 2016-01-03 10:30 | その他 | Comments(0)

大人クラス

先日めずらしく大人クラスについての
お問い合わせメールがありましたので
ここで少し書いてみます。

大人クラスは水曜日の11時~12時30分のお稽古になります。
みなさん、お仕事その他諸々お忙しいので月謝ではなく
1回1000円でお受けしています。
都合のいい時に気軽に立ち寄り書いていくという感じですね。

お手本をとられて毎月の課題を出される方
お手本はとらずに書くことを楽しむ方
みなさん、スタイルはそれぞれのゆるい教室となっております。

現在のメンバーは…
確か、8人ほどだったような?

そうそう
きのうは体験の方がみえられました。
小学校の頃に習字をされていたKさん、久々に書かれたということですが
やはり子どもの頃にやったことは腕が覚えているようで
始筆、終筆などがしっかりできていました。
Kさんを誘ってくださったMさんもご一緒されて、きのうは2名のお稽古
お二人とも、「楽しい!」と言いながら難しい楷書をたくさん書かれていました。
日常では縁遠くなってしまった「集中力」をフルにつかいつつ
筆のやわらかな感触を楽しんでくださいね。


大人クラスではお稽古以外でも、プチイベントも楽しんでいます。
昨年は山梨にある、「碑林公園」という中国の書の石碑のレプリカを
集めたマニアックな場所に行きました。

b0173416_10521222.jpg

書道をやってる人以外は絶対に訪れないようなところですよね(^_^.)

今年は高尾山あたりで写経会とかもやってみたいなぁ、と思っております。

また何かリクエスト等がありましたら気軽にお申し付けくださいませ^^
[PR]
by sakuradaisyodou | 2015-04-16 10:52 | その他 | Comments(0)

再スタート!

b0173416_2250728.jpg

写真、桜台小学校の桜です。
家の窓からも見えるこの桜、毎年ここでお花見してます。

さて、この教室ブログ、なんと1年以上も更新していませんでした!
最初に作ったホームページがソフトの関係で
一切の更新ができなくなったため
このブログは唯一の教室情報発信ツール
新学期に合わせて始動していきます。


≪4月のお稽古カレンダー≫
b0173416_2375599.jpg



今年度からお稽古は3回になります。
硬筆は毛筆のお稽古の様子を見ながら
1~3回合わせて行う予定です。
筆と一緒に鉛筆もお持ちいただけるようにお願いいたします。
[PR]
by sakuradaisyodou | 2014-04-04 23:07 | その他 | Comments(0)

鉛筆の持ち方

今週は月に一度の硬筆の週です。
低学年の生徒さんの入会が多いこともあり
ここでしっかりと鉛筆の持ち方を覚えることにしましょう!
高学年、中、高、大学生の生徒さんも確認してくださいね。

私が鉛筆を持ったところを写真に撮って
娘がイラストを描いてくれたので、そちらで説明します。

b0173416_9515914.jpg・横から見たところ

親指と人差し指がほぼくっつきます。
鉛筆の軸は、人差し指の第2関節と指の付け根の真ん中にきます。


b0173416_9521925.jpg・下から見たところ

2つの△を意識してくださいね。
親指と人差し指と鉛筆の間の小さな△のすきま
&親指、人差し指、中指で作る赤い△

手のひらと中指、薬指、小指の間には空間があります。


b0173416_9523955.jpgこの2つを意識して鉛筆を持つと、鉛筆のおしりは自然と肩の方に向かうはずです。



あとでイラストを印刷して生徒さんに配りますので
わからなくなったら見てみてください。

正しい持ち方で書くと、文字がきれいに書けるだけでなく
いくら書いても疲れませんよ^^
今までのクセがあると、最初はなかなか書きにくいかもしれませんが
ちょっとずつ慣れていかれればいいなと思います。


[PR]
by sakuradaisyodou | 2011-04-19 09:52 | その他 | Comments(0)